東京大学大学院 医学系研究科 臨床試験データ管理学講座 トップ

臨床試験データ管理学講座;CTDM とは

臨床試験におけるデータ管理とは、
臨床試験を科学的、倫理的、効率的に行って正しい結論を導くための技術体系であり、これを我々は、統計学、品質管理、臨床の知識を応用した理論と実践を伴う学問と位置づけております。特に、トランスレーショナルリサーチや予防医学といった先端研究の臨床応用については、臨床試験を通じて取得するデータに対して、公正な評価を行うための適切なデータ管理の実施、指導者を養成する教育、さらに、先端技術を用いた臨床試験に 対する支援の実施が急務となっております。
本講座では、臨床試験の質向上を目指したデータ管理学の研究と体系化を目指した教育の実践及び実際の医師主導研究支援を行うことを主要な目的とし、臨床試験の基盤整備に幅広く貢献してまいります。ご支援をよろしくお願い申し上げます。

■□ 特任助教 □■
宮路 天平
 Tempei Miyaji, MSc.
Project Assistant Professor
■□ 特任研究員(前特任教授) □■
山口 拓洋
 Takuhiro Yamaguchi, Ph D.
Project Researcher (Former Project Professor)
■□ 講座秘書 □■
寺田 規美代
 Kimiyo Terada